イルミネーション施工・工事のことなら「イルミネーション工房」【東京・大阪】

大阪大学大学院工学専攻科福田知弘准教授と4町パティオ協議会

大阪大学大学院工学専攻科福田知弘准教授
香川県高松市内の商店主のグループが地元の地域経済の活性化となるような、たくさんの人が集うパティオを創出する為、地元商工会議所にその建築の専門家を派遣してくれるよう依頼いたしました。
商工会議所はその依頼を大阪大学に依頼し、同大学の大学院の准教授で、建築のデザイン、設計の専門家の福田知弘氏がこのプロジェクトに参加されました。
そして福田教授はこの最後の仕上げとして、4町パティオのシンボルツリーのけやきの木2本にイルミネーションを施工することを検討されました。そして当社の樹木イルミネーションの施工技術を高く評価頂き、当社にこのプロジェクトに参画するよう要請いただきました。
写真: 福田知弘 大阪大学大学院工学研究科環境工学専攻 准教授
(Associate Professor:Tomohiro Fukuda)

1.4町パティオ協議会

地元商店主を中心に4町パティオ協議会が設立され、建築の構想、デザイン、コンセプトなどを数多くの会合を重ねられ協議されてきました。また行政、警察、消防などの関係機関とも協議を重ね、申請、許可などを行ってこられました。

2.工事前の様子

工事前は、放置自転車や、汚く、だれも座らないベンチなど人の集う場所には程遠い雰囲気でした。
また無人交番も重苦しい雰囲気があり、夜は樹木の生い茂る雰囲気がより一層重苦しいイメージを与えていたようです。
戎橋商店街
施工前、日中の様子
戎橋商店街
施工前、夜間の様子

3.完成イメージ

大阪大学の福田先生は、4町パティオ協議会の会合において、工事が完成したイメージをバーチャルリアリティの動画によって、説明されました。これによって 専門的な建築の知識のない協議会メンバーの皆さんが、容易にデザインなどについて意見を出し合い検討することが可能となり、皆さんのアイディアと思いの詰 まったプランが出来上がりました。
戎橋商店街
VR1
戎橋商店街
VR2

4.イルミネーション施工の経緯

当初の計画では、パティオの象徴的な樹木(けやき)に根元から照明器具にて照射し夜の演出を行う予定でしたが、予算的な問題とイメージ的な問題で、イルミ ネーションによる演出に計画変更されました。
大阪大学の福田先生は、樹木イルミネーションについての弊社の実績と技術力を評価いただき、迷わず弊社にお声がけ頂いたそうです。

5.打ち合わせ・視察

福田先生とは、施工方法やコストなどにつきメールで十分に打ち合わせを行いました。また大阪大学の工学部吹田キャンパスの大学院の福田教授の研究室を訪問し、打ち合わせと意見交換を行いました。
イルミネーションの色彩は周囲の色合いと集客効果を考えてオレンジがいいと提案させていただきましたが、福田先生がオレンジのイメージがぴんとないようで したので、私の施工したイルミネーションの現場、兵庫県芦屋市の「マルキーノ芦屋」の日本一高いイルミネーションの樹木(27m)を参考のためごいっしょに視察いただきました。
このときは、プロジェクトを手伝っておられる研究室の大学院生の皆さんもいっしょに見ていただきました。
色彩については私が信頼しているカラーコンサルタント凛華さんhttp://ameblo.jp/rinkastyle/ にも相談いたしました。

大阪工学福田教授の研究室にて

芦屋の視察

芦屋視察2

6.現場のイルミネーション施工

早朝から約12時間で4800球のイルミネーションの施工を3名で完了いたしました。
今回は、通常の工事と違い、福田先生のプロジェクトへのご協力の意味もあり、植栽の剪定も私が行いました。
本来は植木屋さんに事前に行っていただく作業ですが、予算がないことは分かっていましたので、
ボランティアで協力させていただきました。

現場打ち合わせ中の福田教授、
泉氏とイルミネーション工房松井

イルミネーション施工作業中1

イルミネーション施工作業中1

7.その他の現場作業

当日は、地元の香川県産の庵治石を使ったテーブルといすの搬入と設置作業がありました。
地元のアーティストの作品でとても風合いのある愛着のわきそうな作品でした。
またこのテーブルのセンターに生成りのパラソルが設置されました。
ヨーロッパ調でいてかつ、この高松の地でも違和感のないテイストのもので、十分に検討して吟味されたことが伺えます。

庵治石の設置作業中の福田教授と泉氏

庵治石のテーブル設置

パラソルの設置

アーティストの作品
(地元香川県特産の庵治石のいす)

8.工事完了

すべての作業が終了しました。完成イメージの画像以上に落ち着いた感性の高いパティオが出来ました。
8月6日オープンのことは、電車の車内広告にも表示されていました。

完成したパティオの前掲

電車内のパティオのオープン広告

福田教授と大阪大学の大学院生諸君

完成した4町パティオ

9.オープンセレモニー

オープンセレモニーには市長さんや経済界や行政の方またたくさんの報道陣がこられました。
ユニークだったことは、このプロジェクトに加わった多くの皆さんによるテープカットです。
たくさんの皆さんの協力と努力によって完成されたことを象徴していて、
参加者皆さんのこのプロジェクトに対する熱い思いが伝わってくるようです。

4町パティオ代表幹事田中氏あいさつ

高松市長大西様あいさつ

多くの報道陣がオープンセレモニーを放映

セレモニー参加者全員によるテープカット

10.イルミネーションの風景

オレンジの色が点灯し、周囲の風景と同化しながらもその周囲の空間を暖かい人の集う場に変えてくれそうです。
この4町パティオにたくさんの人が集い、いろんなドラマが生まれ、出会いがあり、地域のお店が繁盛し、若い人も年配も、
みんなが愛着を持ってこの地を大事な場所に思っていただけることを心に念じて、高松の町を去りました。

完成後の景観

11.4町パティオの新聞報道


四国新聞

読売新聞

産経新聞
※クリックすると拡大されます

福田准教授の最新国際論文

福田准教授の、英国有力科学誌に掲載された国際論文を紹介いたします。
内容は、コンピュータで製作した3次元画像:バーチャルリアリティを用いた事業の検討と合意形成についてのものです。 
当社が参画させていただいた「4町パティオ」のプロジェクトで用いられた手法についてのものです。
福田准教授研究論文[PDF]

参考

大阪大学大学院工学研究科環境エネルギー工学専攻 環境設計情報学領域
http://y-f-lab.jp/
大阪大学 大学院工学研究科
http://www.eng.osaka-u.ac.jp/
ふくだぶろーぐ
http://y-f-lab.sakura.ne.jp/fukudablog/index.php?u=1
産学連携
産学連携
大阪府立茨木工科高校
大阪大学大学院
名城大学

お問合せ・見積依頼

イルミネーション工房

Mail:info@led-art.jp
TEL:0120-449-307

お問合せ・見積依頼はこちら
 

このページの先頭へ戻る

プライバシーポリシーリンク集お問合せ